スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2007の投稿を表示しています

ダニエル・ミュラー=ショット チェロ・リサイタル

長身に端正な顔立ち、ドイツの新星チェリスト! ダニエル・ミュラー=ショット

素晴らしい音楽性!ベテランピアニスト ロベルト・クーレック

2007.6.17 兵庫県立芸術文化センター










ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 op.69

第1楽章 アレグロ・マ・ノン・タント

第2楽章 スケルツォ アレグロ・モルト

第3楽章 序奏 アダージョ・カンタービレ

      主部 アレグロ・ヴィヴァーチェ





シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 op,105

(ダニエル・ミュラー=ショットによるチェロ編曲版)

第1楽章 アレグロ・アパッショナート

第2楽章 アレグレット

第3楽章 アレグロ・コン・ブリオ





プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 op.119

第1楽章 アンダンテ・グラーヴェ

第2楽章 モデラート

第3楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ










これからどんな音が始まるのか、期待と緊張感が高まる・・・





・・・美しく、限りなく表情豊かな、情感溢れる音。






熱く、躍動感溢れる音に、惹き込まれる。

優雅な唄う音に、心が弾む。

深く、静かに響く音に、鳥肌が立つ。

繊細な音に、心が切なくなる。

甘い音に、うっとり酔いしれる。





幾様にも表情を見せ、美しく品の良い演奏にとどまらない、全身で表現される瑞々しい音楽。










素晴らしい名器と名手ならでは、チェロの伸びやかな音・うねり・響き・・・

一体となったパートナーの、優美に華やかに唄うピアノの音・・・



反応しあう、絡み合う、2人の音。



偉大な作曲家たちの、完成された魅力的な楽曲の数々・・・










その全てが織り成す、心地よく、刺激的な音楽。










贅沢で、感動の残るひととき・・・



心に響く音楽に出会えたとき。 とても幸せですよね