スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2010の投稿を表示しています

energy

2010.3.2525日はラジオ収録後、ミッシェルカミロとチューチョバルデスのLIVEを聴きに東京ブルーノートへ行ってきました。
今回、私の中で一番印象に残ったのは、世紀の競演、華やかなピアノデュオの中で逆に際立っていた、それぞれのソロピアノ。
チューチョバルデスの人生の深みを想像させるような、哀愁漂う、深く優しいピアノ。
彼の過ごしてきた世界の景色が浮かぶようで、すごく心に染み入りました。
ミッシェルカミロのLIVEへ行く機会には結構恵まれています。誰と共演しても決して霞まない、サウンドを引っ張っる個性の強さ、観客の求めているものに応えるパフォーマンスは健在。
そしてカミロのオリジナル曲でのソロピアノは、やはり、圧巻。
ペトルチアーニも最近好きになったアーティストも、強く惹かれるきっかけは、やはりその人を色濃く表している、オリジナル曲での演奏が多かったことに最近気が付きました。
LIVE前に、すぐ近くにある、岡本太郎記念館へも行きました。渋谷駅にある、”明日の神話”からとても強いパワーを感じていたので、こちらもとても興味がありました。
「世界をこの眼で見ぬきたい。眼にふれ、手にさわる、すべてに猛烈に働きかけ、体当たりする。ひろく、積極的な人間像を自分自身につかむために。純粋な衝動である。」記念館にあった、太郎さんの言葉。

表現の形は違えど、アーティストの根底に流れるものは同じ。
生きている中で色々なことを深く感じ、色んな形を通じて表現し、残していく。


色んな所から強烈なパワーを浴びたこの日は、何だかぐったりでした。。。

ラジオNIKKEI。

2010.3.2524日も25日も東京は凄い雨で、冬に戻ってしまったかのようなお天気。
少し咲き始めた桜も、まだ時間がかかりそうですね。
雨に濡れた、かわいい色の椿を見かけました。
ラジオNIKKEIの番組”テイスト・オブ・ジャズ”に出演させて頂いてきました。
初めてお会いしたプロデューサーの小西さんはとても愉快な方で、パーソナリティの山本郁さんはとってもお綺麗な方♪
今回はユニオンの真鍋さんも一緒に出演して下さり、レーベルの由来などご紹介下さいました。
笑いの絶えない楽しい現場で、あっという間の収録*^ ^*
オンエアは4/17(土)19:30〜と、再放送4/18(日)20:00〜
3.925/6.055/9.595MHz

※関東地区では、4月よりネットでも番組が聴けるようになるそうです。
良ければ聴いてくださいね♪



吉祥寺ストリングスLIVEと。

2010.3.23 @吉祥寺strings
with  鳥越啓介(b)  & 藤井学(dr)

マスター始め、そこへ集まる皆さんが温かくてとても雰囲気のあるお店、吉祥寺ストリングスでのLIVE。
すごく楽しかったです。
満席でたくさんのお客さまと、素晴らしいメンバーに囲まれ、良い時間を過ごさせて頂きました!

ストリングスでは、今回で3回目になりました。
一番最初は去年の6月でした。ラヴィのアルバム制作前で、この時が、今一緒に演奏させてもらっている東京メンバーの皆さんとの初LIVEだったんです。まだ一年経ってないんだねー!と、MCで鳥越さんもお話していた程、たくさんの色々な良い出会いや経験をさせて頂いて、とても濃い時間を過ごさせて頂いてるな〜、と改めて感じます。

東京LIVEも毎月のようになってきて、お顔馴染みのお客さまも、新たに来て下さる方も増えてきて、少しずつ色んな出会いや輪が広がっていっていることがとても嬉しいです。
1人では何にも出来ないこと。メンバーの皆さんもお客さまもお店の方々も、、本当に皆さんのお陰ですね。ありがとうございます!

次回ストリングスは、夏頃の予定をしています♪また、決まり次第お知らせさせて頂きます。
皆さまありがとうございました^-^
***************

新曲も増えてきました。タイトルにも表現しているのですが、弾いていて、何故か遠い昔の幼い頃の記憶が思い出された曲がいくつかあります。
毎日全部ぜんぶ、感じたこと、観たことを憶えていたいけど、少しずつ薄れゆく、記憶。。
でもこうして、強く心に響いた記憶が、何かの拍子で思い起こされる。不思議だし、何だか嬉しいことな気がします。
強く心に響く経験って、素敵なものですよね。
色々なことに出会えること、感じれることって貴重だなと思います。

***************
写真の画集は、渋谷で観て来た、生き方も鮮烈だったレンピッカのもの。
そしてフランスの喜劇作家モリエールの映画も観て来ました。陰で影響を与えた気高く賢い女性の存在が印象的で、相反する喜びと悲しみの、奥深い描写がとても響いてきました。

さくらFM、そして

2010.3.18
西宮コミュニティ放送、さくらFM ”SakuっとLa・ら・Ra西宮” という番組へお邪魔してきました^^
パーソナリティ木村陽子さんのお陰で、とても楽しい雰囲気の中、たくさんのお話をさせて頂いてきました。
初対面にも関わらず、自然に色々な話を引き出して下さり、楽しくトークさせて頂けたのは木村さんのお力、お人柄なのを感じます。
お世話になった皆さま、ありがとうございました☆

番外編でお邪魔した番組の最後には、命の重みを考える場面もありました。
大切な存在を亡くした心の痛みのお話に反し、今日また、抵抗することのできない弱い生き物の、尊く大切な命を無碍にするニュースを見かけ、いたたまれない気持ちになりました。
二度とない一つ一つの命の重み、誰もが再認識して生きていきたいですね。。

写真は最近観たDVD,普遍的な深いテーマの映画でとても心に残っています。

さくらFMと4/4コンサートのご案内

車に乗るときよく聴いている、Jazzがよく流れている西宮のコミュニティ放送、78.7MHz「さくらFM」に出演させて頂きます♪

3月18日 木曜日"SakuっとLa・ら・Ra西宮"AM 11時30分頃〜12時頃の出演予定、生放送です。
お近くの皆様、良ければ聴いてくださいね。
♪来月のソロライブ第1弾、4/4 西宮・夙川のコンサート詳細はこちらです↑
クリックすると拡大し、地図や行き方、予約先が見れます♪
素敵なチラシを作ってくださったSさん、ありがとうございます~。

ソロらいぶ 3

2010.3.7@神戸CREOLE今年に入って3回目のクレオールでのソロらいぶ。1月2月の凍りつくような寒さの中でのライブを思うと、今回は寒さも随分と和らぎ、このピアノと少し、仲良くなれた気がしました。

クラシックからジャズというジャンルに興味を持ちだしたきっかけは、メンバーと共演する楽しさ、サウンドが広がる面白さ。中でも今はやはりピアノトリオが好き。
でも同時に、思いつくまま表現するソロの楽しさ、自由さや強さは、自分にとって大事だな、と、これまでもソロライブをする度、感じていました。
ほとんどのオリジナル曲が、ピアノに向かい、弾きながらできたもの。
そう思うと私にとってソロは自然なひとつの形なのかなとも思います。

来月は初のソロLIVE月間、楽しみです。

この日はマスターと色んな話をして帰りました。そしてクレオールの撮影会、クレオールといえば、ピアノと素敵なステンドグラス☆

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました^^

ジャズやねん関西の

ジャズやねん関西の、藤岡宇央さんのデザインが表紙を飾っている「ジャズ批評3月号」。ラヴィのアルバムも、ちょこっと載っています。良ければ見てみてくださいね。
今日は神戸で良いライブを聴かせて頂く機会がありました。
色んな音を聴けば聴くほど、2つとして同じ音がない、音楽の深さを感じます。
色んな音を聴けば聴くほど、自分の求める音が、クリアになっていっている気がしています。
明日はCREOLEでソロライブ♪
曲を書いています。
雨が降らないといいなぁ・・・。